学習推論システム研究室(渡辺研究室)へようこそ

学習推論システム研究室は平成26年4月に発足しました。多数のデータから学習、推論を行うシステムはパターン認識、ロボット制御などに幅広く応用されています。 当研究室では学習・推論システムに関する基礎研究を行っています。


最新情報&更新情報

2018, 4/9: 新メンバーが加わりました。

2018, 4/4: 吉田さんの受賞情報が掲載されています(こちら)。

2018, 4/1: 小林さんの論文がダウンロード数Top10入りの記録更新中です。(5か月連続Top3入り)
小林真佐大,渡辺一帆,"ディリクレ過程平均法のレートひずみ理論による解釈"

2018, 3/31: 小鍋さんの論文が国際会議ISIT2018に採択されました。 絶対損失基準での有歪圧縮のためのスパース回帰符号に関する論文です。
Ryota Konabe, Kazuho Watanabe, "Sparse Regression Code with Sparse Dictionary for Absolute Error Criterion"

H29年度の情報はこちら
H28年度の情報はこちら
H27年度の情報はこちら
H26年度の情報はこちら

▲ページトップに戻る